このページでは、Javascriptを使用しています

緩和ケア科


スタッフ紹介

  • 北川潤(緩和ケア科 医長)

診療内容

がんと診断されたときからの全ての時期の痛みや怠さ、食欲不振などの症状緩和治療を行っています。
がん患者さんに限らず、急性の疼痛や慢性の難治性疼痛に対する治療(薬物療法、ブロック注射など)を行っています。
また漢方薬により、身体全体のバランスを整えて体質改善を図る治療も行っています。


概要

治療初期の方から必要に応じて治療を支える関わりを行っています。
緩和ケア科の医師の他、不安や気分の落ち込みに対し精神科の医師との連携を行っています。
また、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどからなる医療チームで、主にがんに伴う様々な症状や生活の支障を軽減できるように支援しています。治療や療養の場は、ご希望に沿うよう相談させて頂きます。


特徴

地域がん診療拠点病院
病気を診て頂いている主治医の先生と併診し、緩和ケア病棟とも連携しています。


診療体制

完全予約制 火曜・木曜
主治医の先生や看護師に、受診希望をお伝え下さい。
(火曜・木曜以外の曜日をご希望の場合は、主治医の先生か看護師を通じて緩和ケア科へご連絡下さい。)



このページのトップへ