このページでは、Javascriptを使用しています

薬剤科


病気の治療に欠かせない「薬」
患者様にとって最も安全で適切な薬物療法を提供するために薬剤師15名、事務3名で活動しています。これまでの調剤業務に加えて、病棟業務や委員会活動などのチーム医療に参加し、専門的知識を生かして治療のサポートをしています。


業務紹介


調剤・持参薬の鑑別

処方箋の内容について、飲みあわせ・副作用・用法用量の確認を行い、患者様一人一人に適した形で調剤を行います。また、入院時に持参薬の内容を鑑別しスタッフと共有することで入院後の治療をより安全に行っています。

 


注射剤の調剤・混注

注射箋の内容について、投与量・投与経路・投与速度・投与期間のチェックを行い、注射薬をより安全に使用できるよう、アンプルピッカー(注射薬自動払出システム)にて個人の施用ごとに注射の取り揃えをしています。
また、TPN(高カロリー輸液)製剤は必要に応じて薬剤師がクリーンベンチにて混注を行い、より衛生的に栄養管理を施行できるようサポートしています。


抗がん剤の混注

外来・入院の患者様に対する注射抗がん剤の投与量・投与間隔・検査値等を確認した上で混合調製を行っています。医師・看護師と連携し、安全に抗がん剤が投与されるようにサポートしています。


病棟・委員会業務

各病棟に専任の薬剤師を配置し、患者様の薬物治療が安全かつ適切に行われるよう医師、看護師、その他スタッフと連携しています。
随時服薬指導を行い、患者様がご自身の薬物療法に理解され、納得した治療を受けて頂けるように顔の見える薬剤師として日々取り組んでいます。また、緩和ケア委員会、NST(栄養サポートチーム)委員会、ICT(感染制御)委員会などの各委員会のメンバーとしてより専門的な知識を活かし回診やカンファレンスに参加しています。


医薬品情報の管理

数多くある薬の効果や副作用の情報を収集し、管理しています。
薬の知識や最新情報を、医師や看護師に提供し、治療の現場を支えています。


薬学生の病院実習受け入れ

当院では薬学生の病院実習の受け入れを行っています。調剤の方法や薬剤の知識、病態・治療について学ぶだけでなく、実際に調剤やミキシング、病棟見学等を通じて薬剤師が臨床現場でどのような活動をしているのかを体験して頂きます。


その他の業務

  • 臨床治験の調剤、薬剤管理等
  • 糖尿病、腎臓病、禁煙などの各教室の講義
  • 定期的な院内勉強会の講義
  • 地域薬剤師会との連携

などが、あります。


当院では患者さんに対する質の高い医療を提供する観点から、保険調剤薬局との連携を強化し、連携充実加算を算定しており、保険薬局薬剤師などが利用するためにがん化学療法レジメンを公開しています。

詳しくはがん化学療法レジメンのページをご覧下さい。


活動紹介


認定・専門資格の取得

各職種で専門性を生かしてより良い医療を提供するため、認定・専門薬剤師の資格取得に力を入れています。
<当院の認定・指導薬剤師>
・がん専門薬剤師
・がん薬物療法認定薬剤師
・抗菌化学療法認定薬剤師
・日本静脈経腸栄養学会栄養サポート専門療法士
・日本糖尿病療養指導士
・漢方薬・生薬認定薬剤師
・腎臓病療養指導士
・公認スポーツファーマシスト
・NR・サプリメントアドバイザー
・日本DMAT隊員養成研修修了
・認定実務実習指導薬剤師
・日病薬認定指導薬剤師
・研修認定薬剤師
・生涯研修認定薬剤師
・生涯研修履修認定薬剤師
・病院薬学認定薬剤師


研究・学会発表・論文・受賞掲載

毎年各学会や地域の講演会等、研究・発表を精力的に行っています。詳細は薬剤科までお問い合わせ下さい。(過去3年分のみ掲載しています。)

<学会発表>
2020年度
・治療支援アプリのモニタリングによって発見されたアテゾリズマブ単剤による自己免疫疾性脳炎の1例
桂英之、米田太郎、木場隼人、坂野ひとみ、高田直子、石田外樹
第30回日本医療薬学会:2020.10,web

2019年度
・PS不良の非小細胞性肺癌患者におけるニボルマブの有効性と安全性の評価
桂英之、菅幸生、新屋智之、北俊之、米田太郎、田中伸佳、川端歩実、石田外樹、間瀬広樹
第17回臨床腫瘍学会:2019.7,京都

・進行・再発大腸癌におけるパニツムマブの低Mg血症および有効性にプロトンポンプ阻害剤が及ぼす影響
桂英之、菅幸生、久保杏奈、杉村勇人、熊谷要、春木一伸、米澤美和、成田綾香、石嶋麗、小川依、坂野ひとみ、石田外樹
第29回日本医療薬学会:2019.11:福岡

・切除不能進行・再発肺癌の薬物療法開始時における薬剤師・医師・看護師間でのperformance statusの評価の違いに関する検討
長田志織
第29回日本医療薬学会:2019.11:福岡

・排尿ケアチームにおける下部尿路機能障害に対する薬剤師介入の有用性の検証
小川 依、桂 英之、柴田 由希乃、石田 外樹、西野 昭夫、北川 育秀、加藤 浩章、湯野 智香子、中田 晴美、小町 茉亜莉、永井 克也
第26回排尿機能学会:2019.9:東京

・多職種で広げる排尿機能障害診療の裾野-シンポジウム5-
小川 依
第26回排尿機能学会:2019.9:東京

2018年 
・PS 不良の非小細胞肺癌患者に対するニボルマブの有効性評価
桂英之、菅幸生、川端歩実、長田志織、高田直子、石田外樹
第12回日本緩和医療薬学会年会; 2018.5, 東京

・薬剤師が排尿ケアチームに配属する効果と排尿自立度との関連性
小川依、西野昭夫、加藤浩章、北川育秀、湯野智香子、中田晴美、小町茉亜莉、藤原由利、桂英之、柴田結希乃、石田外樹、伊藤由乃、永井克弥
第25回日本排尿機能学会; 2018.9, 名古屋

<論文>
2019年度
・Efficacy and Safety of Nivolumab in Patients with Advanced Non-small-cell Lung Cancer and Poor Performance Status. Katsura H et al, J Cancer. 2019 19; 10: 2193-2144 Hideyuki Katsura , Yukio Suga , Tomoyuki Araya , Toshiyuki Kita , Taro Yoneda , Nobuyoshi Tanaka , Ayumi Kawabata , Sotoki Ishita , Hiroki Mase.

・The clinical role of pharmacists in supporting urinary continence care. Yoru O, The Japanese Continence Society.2019 2; 30: 384-387

<受賞歴>
2020年度
2020.5:石川県病院協会 優秀研究賞 桂英之
2021.3:石川県病院薬剤師会 研究奨励賞 桂英之
2017.6:日本老年泌尿器科学会 学会賞 小川依
2017.7:北陸排尿障害研究会 優秀演題賞 小川依


就職活動中の薬学部の学生さん、転職・再就職を考えている薬剤師さん

小松市民病院 薬剤科で一緒に働きませんか

当院では近年、毎年薬剤師を募集しています。しかし、病院薬剤師はどのような待遇で、どのような仕事をしているか、またはその中でも当院がどの様な病院かが分からないこともあり、応募するかを迷われることもあるかと思います。そのような疑問に出来る限りお答えさせていただきます。

給料が低いのでは?

→確かに最初は薬局やドラッグストアに比べ低いですが、順調に昇級していきます。また、当院職員は公務員ですので長く務めれば退職金も高くなりますし、福利厚生も充実しており、定年まで働く方が大半を占めています。

忙しいのでは?

→当院の就業時間は8:30〜17:15で、薬局やドラッグストアに比べ早く帰宅出来ますし、当院の特徴として、定時に帰る人が多いです。もし残った業務があれば必ず残業として仕事をしており、長時間労働になるようなことはありません。また、土・日・祝日は日当直が無ければ完全に休みで、有給休暇や夏休みも取り安いです(多人数の職場なので、皆でカバーしながらしっかりと取得しています!)。

夜勤や休日の業務があるのでは?

→夜勤帯の業務として、当直業務(毎日17:15〜翌日8:30)、休日の業務として、日直業務(土・日・休日の8:30〜17:15)があり、勤務ではありませんので業務量は少ないです。業務時間は1人で対応しますが、しっかりと業務ができるようになってからなので心配は要りません。業務内容として、救急患者や入院患者の緊急の調剤・注射薬の払出しが主な業務です。手当、振替休日(半日)があります。

日直や当直があると子育てに影響がありそう?

→当院では小さいお子さんがいらっしゃったり、家庭の事情があったりする方は相談して頂ければ、免除や回数を減らして行うことができるため心配は要りません。また産休や育休もとれますし、時短で勤務することも可能です。また、当院の特徴として、院内に保育園もあります(週に2日)。朝8時から翌朝10時までで時間単位(1時間100円)で利用できます。月に2,3回は土日も開園していますので、日直・当直時に利用したり、“日曜日に3時間だけ預けて美容院に行く”なんてことも可能です!

薬局やドラッグストアからの転職は難しいのでは?

→そんなことはありません。むしろ調剤経験があれば即戦力です!病棟業務に関しても部門毎に特化した薬剤師もいるため、共に相談・勉強しながら病院の薬剤師として活躍ができます。また当院の特徴として、資格の取得、勉強会や学会に参加する際の参加費、交通費などは病院が負担してくれます。実際に、病院の援助によって多くの認定や専門資格を取得しており、これから勉強したい!資格を取りたい!という方にとって当院はおすすめです。

この他、お聞きになりたいことがありましたら、いつでも遠慮無くお問い合わせください。職場の環境や雰囲気など直接見学して頂くことも大歓迎です。薬剤科一同心よりお待ちしております。

連絡方法

電話:小松市民病院 0761-22-7111(代表)

→代表につなげてから、薬剤科 内線2121(DI担当)に回してもらって下さい。



このページのトップへ