このページでは、Javascriptを使用しています

薬剤科


病気の治療に欠かせない「薬」
患者様にとって最も安全で適切な薬物療法を提供するために薬剤師15名、事務3名で活動しています。これまでの調剤業務に加えて、病棟業務や委員会活動などのチーム医療に参加し、専門的知識を生かして治療のサポートをしています。


業務紹介


調剤・持参薬の鑑別

処方箋の内容について、飲みあわせ・副作用・用法用量の確認を行い、患者様一人一人に適した形で調剤を行います。また、入院時に持参薬の内容を鑑別しスタッフと共有することで入院後の治療をより安全に行っています。

 


注射剤の調剤・混注

注射箋の内容について、投与量・投与経路・投与速度・投与期間のチェックを行い、注射薬をより安全に使用できるよう、アンプルピッカー(注射薬自動払出システム)にて個人の施用ごとに注射の取り揃えをしています。
また、TPN(高カロリー輸液)製剤は必要に応じて薬剤師がクリーンベンチにて混注を行い、より衛生的に栄養管理を施行できるようサポートしています。


抗がん剤の混注

外来・入院の患者様に対する注射抗がん剤の投与量・投与間隔・検査値等を確認した上で混合調製を行っています。医師・看護師と連携し、安全に抗がん剤が投与されるようにサポートしています。


病棟・委員会業務

各病棟に専任の薬剤師を配置し、患者様の薬物治療が安全かつ適切に行われるよう医師、看護師、その他スタッフと連携しています。
随時服薬指導を行い、患者様がご自身の薬物療法に理解され、納得した治療を受けて頂けるように顔の見える薬剤師として日々取り組んでいます。また、緩和ケア委員会、NST(栄養サポートチーム)委員会、ICT(感染制御)委員会などの各委員会のメンバーとしてより専門的な知識を活かし回診やカンファレンスに参加しています。


医薬品情報の管理

数多くある薬の効果や副作用の情報を収集し、管理しています。
薬の知識や最新情報を、医師や看護師に提供し、治療の現場を支えています。


薬学生の病院実習受け入れ

当院では薬学生の病院実習の受け入れを行っています。調剤の方法や薬剤の知識、病態・治療について学ぶだけでなく、実際に調剤やミキシング、病棟見学等を通じて薬剤師が臨床現場でどのような活動をしているのかを体験して頂きます。


その他の業務

  • 臨床治験の調剤、薬剤管理等
  • 糖尿病、腎臓病、禁煙などの各教室の講義
  • 定期的な院内勉強会の講義
  • 地域薬剤師会との連携

などが、あります。


活動紹介


認定・専門資格の取得

各職種で専門性を生かしてより良い医療を提供するため、認定・専門薬剤師の資格取得に力を入れています。
<当院の認定・指導薬剤師>
・がん薬物療法専門薬剤師
・がん薬物療法認定薬剤師
・抗菌化学療法認定薬剤師
・日本静脈経腸栄養学会栄養サポート専門療法士
・日本糖尿病療養指導士
・漢方薬・生薬認定薬剤師
・腎臓病療養指導士
・公認スポーツファーマシスト
・NR・サプリメントアドバイザー
・日本DMAT隊員養成研修修了
・認定実務実習指導薬剤師
・日病薬認定指導薬剤師
・研修認定薬剤師
・生涯研修認定薬剤師
・生涯研修履修認定薬剤師
・病院薬学認定薬剤師


研究・学会発表・論文掲載

毎年各学会や地域の講演会等、研究・発表を精力的に行っています。詳細は薬剤科までお問い合わせ下さい。

学会発表
2018年 
・PS 不良の非小細胞肺癌患者に対するニボルマブの有効性評価
桂英之、菅幸生、川端歩実、長田志織、高田直子、石田外樹
第12回日本緩和医療薬学会年会; 2018.5, 東京

・薬剤師が排尿ケアチームに配属する効果と排尿自立度との関連性
小川依、西野昭夫、加藤浩章、北川育秀、湯野智香子、中田晴美、小町茉亜莉、藤原由利、桂英之、柴田結希乃、石田外樹、伊藤由乃、永井克弥
第25回日本排尿機能学会; 2018.9, 名古屋

2017年
・非小細胞肺癌により発症した脳転移の無い癌性髄膜炎の頭痛および嘔吐に対してオピオイドの増量が著効した一例
桂英之、田直子、片嶋順一、長田志織、石田外樹、湊明志
第11回日本緩和医療薬学会年会; 2017.6, 札幌

・排尿ケアチームにおける薬剤師の役割および排尿自立支援にもたらす効果の検討
小川依
第30回日本老年泌尿器科学会;2017.6, 東京

・抗癌剤混合調整時の閉鎖式薬物移送システム(CSTD)使用による調製時間の検証
田直子、桂英之、石田外樹、西山直樹、湊明志
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会;2017.7, 神戸

・当院における非小細胞肺癌患者に対するニボルマブの有効性の予測因子の検討
川端歩実、桂英之、田直子、湊明志
第27回日本医療薬学会年会;2017.11, 千葉

2016年
・持参薬の代替薬提案による医師の業務負担軽減効果の検討-無作為化比較試験-
小川依、桂英之、柴田結希乃、湊明志
第26回日本医療薬学会年会;2016.9, 京都

・S-1およびカペシタビンにおける医師が把握した副作用と患者の副作用の違いについて
桂英之、北出紘規、筒井伸幸、酒井淳志、山本裕実子、森光世、高田直子、湊明志
第54回日本癌治療学会学術集会; 2016.10, 横浜

・TS1低用量服用患者の用量設定因子の検索
柴田結希乃、石田外樹、川端歩実、西山直樹、湊明志
第26回日本医療薬学会年会;2016.9, 京都



このページのトップへ