このページでは、Javascriptを使用しています

脳神経外科


スタッフ紹介

  • 新多 寿(副院長) S59卒 脳神経外科一般 脳腫瘍 脳卒中 頭部外傷
  • 村松 直樹(脳神経外科担当部長) 
  • 廣田 雄一(脳神経外科医長) 

診療内容

脳神経外科では脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)や脳腫瘍、頭部外傷、頭痛症、認知症などの診断・治療を行なっています。特に脳卒中は寝たきりの原因のトップであり、これからの高齢化に伴い気をつけなければならない病気です。このため、脳卒中については、迅速な診断・治療に注力しているのみならず、その予防にも力を入れています。特殊な専門外来として、“頭痛外来”と“物忘れほっとけん外来” (物忘れ外来)、“ボトックス外来”を行なっております。


特色

患者さんにできるだけ負担をおかけせずに最も効率的な診断・治療することをモットーに診療にあたっています。
1.検査について
  CTスキャン、MRIやデジタル脳血管撮影検査、脳血流検査、脳波などの検査を施行しています。

2.治療について
  @脳動脈瘤に対しては開頭手術(顕微鏡下手術)やカテーテル治療(血管内治療)を行っています。

  A脳梗塞に対しては、血栓溶解薬を用いた治療(rt-PA静注療法)やカテーテル治療(機械的血栓除去
   治療)、頸動脈ステント留置術を積極的に行っています。

  B手術が困難な脳腫瘍などに対しては、定位放射線治療も行っています。

  C“ボトックス外来”:眼瞼けいれん、顔面けいれん、痙性斜頸に対して、ボツリヌス毒素注射(ボ
   ットクス)を施注しています。

  D“頭痛外来”:慢性頭痛の患者さんに対しては、頭痛専門医による頭痛専門外来を行っております。

  E“物忘れ外来”:物忘れの患者さんに対しては、認知症専門医による
   “物忘れほっとけん外来”(物忘れ専門外来)を行っております。

3.入院と救急診療について
入院治療が必要な場合には、検査結果や治療法について丁寧な説明を心がけており、ご本人やご家族に十分納得して頂いた上でご希望に沿った治療を行います。また、すべての入院患者さんはスタッフ全員でチーム医療を行い、毎日の症例検討会で情報共有をはかっています。
手術等が必要でない疾患も多くあり、これらに対しても真摯に取り組んでおりますので気軽に当科に受診ください。
救急患者さんに対しては24時間、365日脳神経外科医が待機しており、どのような時間帯でも診察、手術等ができる体制を整えております。


診療体制

医師3名、看護師1名、看護補助者1名にて診療しています。

曜日別外来担当医表ページから、曜日別の担当医がご確認いただけます。

※初診及び紹介状持参の方は、午前中随時受付いたします。月曜日は診察医が変わることがあります。

※再診の方は、原則予約制となっています。

※“頭痛外来”と “物忘れほっとけん外来(物忘れ外来)完全予約制です(診察の曜日や時間帯も不定

期です)。詳しくは当院の地域連携室までお問い合わせください。


症例登録事業の倫理的配慮について


当科は、一般社団法人日本脳神経外科学会が実施するデータベース研究事業『Japan Neurosurgical Database(JND)』に参加しております。
この法人の事業は、当科へ入院していただいた患者様の診療情報を登録し、分析することによって臨床現場の取り組みを支援し、結果的に最善の医療をみなさまに提供することを目的としております。このJND事業の趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

・JND研究事業に登録する内容や詳細についてはこちらの資料をご覧ください。

JNDに関する資料 [PDFファイル 233KB]


・全てデータは匿名化されて個人が特定されることはございませんが、もしご自身のデータを登録されたくない場合は、登録を拒否することが可能です。
 そのような場合は、脳神経外科医師 新多 寿(にった ひさし)までお伝えください。


臨床指標はこちらをご覧ください。



このページのトップへ