このページでは、Javascriptを使用しています

感染制御室


1. 小松市民病院感染防止対策指針

基本的な考え方

すべての人たちを感染から守るために「標準予防策(スタンダードプリコーション)及び感染経路別予防策」の考え方に基づき感染対策を行います。
これらを基に、院内感染の防止に組織的な対応を行い、アウトブレイク(集団発生)の予防、早期発見、拡大防止を行います。
小松市民病院の基本方針に沿った「安心と信頼の医療を提供する」ために院内感染予防対策委員会、感染制御室、ICT(感染対策チーム)AST(抗菌薬適性使用支援チーム)が協力し効果的かつ組織的な院内感染防止対策に取り組みます。

2. 活動内容

  1. 院内ラウンドの実施
  2. 重要な微生物検出状況の監視
  3. 感染防止対策に関する職員教育・研修
  4. 院内感染予防マニュアルの作成と改訂
  5. 院内外、職員・患者からの感染に関する相談
  6. 抗菌薬の適正使用の監視と指導
  7. 医療関連感染サーベイランス、感染症サーベイランス
  8. アウトブレイクの監視と対応
  9. 職員に対する職業感染予防対策の実施
  10. 感染に関する最新の知見や感染症の動向等情報収集と提供

3. 感染防止対策の体制

感染防止対策の体制

4. 感染制御室職員

  1. 院内感染管理者兼感染制御室長:金田 智也
  2. 室員(専従) 感染管理認定看護師:米多 弘子
    室員(専任) 薬剤師1名、臨床検査技師1名、感染管理認定看護師1名
    室員(兼任) 管理栄養士1名、理学療法士1名、総務課1名

5. 2020年度に開催した研修会

6. 取組内容(一部)

  1. 職員研修会を実施しています。

  2. 週1回以上ICTラウンドを実施しています。

  3. 薬剤耐性菌予防の観点より、抗菌薬の適正使用に関して評価、指導を行っています。

 


このページのトップへ