このページでは、Javascriptを使用しています

倫理委員会について


小松市民病院倫理委員会 委員名簿

令和3年4月1日現在のものです。

小松市民病院倫理委員会 委員名簿 [PDFファイル:82KB]


小松市民病院倫理委員会 審議事項

平成30年度分 [PDF形式:87KB]

令和元年度分 [PDF形式:180KB]

令和2年度分 [PDF形式:178KB]


小松市民病院臨床研究(継続中及び終了分)

平成30年度分(継続分) [PDF形式:59KB]

令和元年度分 [PDF形式:179KB]


臨床研究に関する情報公開

小松市民病院倫理委員会承認済み臨床研究の内、後方視的研究(過去に行った診療を振り返って調査、解析する研究)の中で、あらためて研究対象となる方の同意を得ることが困難な場合で、研究対象者となる方がこれを拒否する意思をお持ちであることの確認が必要な場合、研究内容・実施内容等の情報を公開しております。 公開情報の中に同意しがたいものがある場合は、連絡先にお申し出ください。お申し出がない場合は、同意が得られたものとさせていただきます。
連絡先は公開文書内に記載しております。
その他広く一般に周知すべきと判断される臨床研究につきましても公開しております。

臨床研究一覧

承認日 研究課題名 対象となる方 担当科・
研究責任者
令和3年
4月21日
ナルデメジンの中止に関する調査 2017年6月から2021年3月までに当院で対象となるナルデメジン(商品名:スインプロイク)による治療を受けられた患者さん 薬剤科
高田 直子
戸井 ひとみ
令和3年
3月23日
免疫チェックポイント阻害薬の副作用モニタリングにおけるアプリケーションに関する調査 2021年4月から2022年12月までに当院で対象となる抗がん剤(テセントリク®、キイトルーダ®、オプジーポ®およびイミフィンジ®)を含む抗がん剤による治療を受けられた患者さん 薬剤科
石田 外樹
桂  英之
令和3年
3月23日
がん薬物療法の副作用モニタリングにおけるアプリケーションに関する調査 2019年6月から2022年12月までに当院で対象となる抗がん剤(ゼローダ®、カペシタビン、テセントリク®、キイトルーダ®、オプジーポ®およびイミフィンジ®)を含む抗がん剤による治療を受けられた患者さん 薬剤科
石田 外樹
桂  英之
令和3年
3月16日
新型コロナ感染症(COVID-19)患者における増悪予測因子を明らかにする前向きバイオマーカー研究 2021年2月〜2021年12月に新型コロナ感染症と診断された方 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和3年
3月5日
脳卒中患者に対するアマンタジンがFIM改善効果に与える影響 当院脳神経外科に入院し、2015/4/1〜2020/3/31における加賀脳卒中連携パスを利用された方を対象とします。 薬剤科
石田 外樹
西田 知世
令和3年
2月24日
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)患者を対象としたヌーカラの長期安全性と効果を評価する研究 以下のすべての条件を満たす患者さんです。
・同意説明文書に署名する20歳以上の方
・EGPAと診断され、EGPAの治療としてヌーカラを約2年間以上継続している方
・本研究に参加する前にヌーカラの製造販売後調査(EGPA)に参加し、調査を完了した方
・今後もEGPAの治療としてヌーカラの使用を継続する方
※条件により参加できない場合があります。
内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和3年
2月18日
Droplet digital PCRを用いたSARS-CoV-2 定量評価など、新型コロナ感染症(COVID-19)患者における血中増悪予測因子を明らかにする研究 2020年3月〜2021年12月までに小松市民病院で診療を受けた新型コロナ感染症の患者さんを対象とします。 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和3年
2月5日
食道、胃、大腸の上皮性腫瘍/早期癌に対するSOUTEN®デバイスを用いた粘膜下層剥離術(ESD)についての検討 2019年4月〜2021年3月の期間に小松市民病院において、食道・胃・大腸の上皮性腫瘍/早期癌に対してSOUTEN®デバイスを用いた粘膜下層剥離術(ESD)の治療を受けた患者さん 内科(消化器内科)
伊藤 錬磨
令和2年
4月22日
(平成31年
1月10日)
消化器内視鏡に関する疾患、治療手技データベース構築(多施設共同 前向き観察研究) 2019年2月7日より2024年12月31日までに小松市民病院において内視鏡検査・治療を受けた患者さん 内科(消化器内科)
又野 豊
令和2年
4月10日
COVID−19に関するレジストリ研究 2020年1月1日以降にCOVID-19と診断され、日本国内の医療機関に入院された患者さん 内科(呼吸器内科)
木場 隼人
令和2年11月16日
(変更)
進行再発非小細胞肺癌患者の臨床背景と免疫チェックポイント阻害薬の効果、安全性の関係についての後方視的観察研究 2015年12月から2021年12月までに当院呼吸器内科で免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ、テセントリク)を含む抗がん剤による治療を受けられた患者さん 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
平成30年
12月18日
(最初)
進行再発非小細胞肺癌患者の臨床背景と免疫チェックポイント阻害薬の効果、安全性の関係についての後方視的観察研究 2015年12月から2018年12月までに当院呼吸器内科で免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ)による治療を受けられた患者さん 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和2年
6月15日
新型コロナウィルス感染症診療における後ろ向き観察研究 新型コロナウィルス感染症と診断された患者さん 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和2年
2月21日
(ヒトゲノム・遺伝子解析研究)Birt-Hogg-Dube症候群の診断基準の確立と診療経験均てん化を目指した多施設共同研究 気胸や胸部CTでの特徴的な多発肺嚢胞を契機にBHDSが疑われる患者さん 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
平成31年
3月6日
進行再発非小細胞肺癌患者に対する免疫チェックポイント阻害薬の後治療としての殺細胞性抗がん剤治療の有効性、安全性に関する観察研究 2017年2月から2019年3月までに当院呼吸器内科で免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ)および殺細胞性抗がん剤による治療を受けられた患者さん 内科(呼吸器内科)
米田 太郎
令和2年
11月11日
石川県における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)小児例の臨床的特徴に関する観察研究 当院は2020年11月9日から2025年3月31日までに以下の項目を全て満たす方を対象とします。1)診断時の年齢が15歳以下 2)石川県内に在住 3)上気道・下気道由来検体、あるいはその他の検体からSARS-CoV-2が検出された方 4)何らかの症状がある方(感染者)、または無症状の方(無症状病原体保有者) 小児科
金田 尚
令和2年
6月15日
小児における肺炎球菌感染症、全国サーベイランス 肺炎球菌による以下のいずれかの細菌性感染症にかかった方が対象となります。
1)侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)と診断された、年齢2ヶ月以上16歳未満の方 2)肺炎と診断された、年齢2ヶ月以上5歳未満の方 3)急性中耳炎と診断された、年齢2ヶ月以上5ヶ月未満の方
*上記以外にも研究参加にはいくつかの基準があります。詳しくは担当医にお尋ねください。
小児科
金田 尚
令和2年
2月6日
日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 2020年4月〜2030年3月の間に小松市民病院整形外科において、運動器の手術を受けられた患者さん。人工関節手術、関節鏡視下手術、脊椎手術、骨折治療の手術などが対象となります。 整形外科
畑 雅彦


このページのトップへ