このページでは、Javascriptを使用しています

病院概要


沿革


平成21年4月 DPC対象病院 緩和ケア病棟を開設
平成20年9月 既存棟改修工事完成に伴い病床数364床
(一般300、精神50、結核10、感染症4)
平成19年1月 地域がん診療連携拠点病院の指定
平成19年1月 デイケアセンターを開設
平成19年1月 南館増築工事完成
平成18年2月 病院敷地内全面禁煙実施
平成15年10月 院内全面禁煙実施
平成10年10月 粟津診療所の開設
平成10年9月 粟津分院の廃止
平成元年4月 小松市向本折町ホ60番地に移転新築
名称を「国民健康保険小松市民病院」に変更
診療科目19科(変更なし)
病床数390床(一般280、精神66、結核24、伝染20)
昭和49年1月 大杉診療所を開設
昭和40年1月 粟津分院を開設 病床数73床(一般43、結核30)
昭和33年7月 新丸診療所を開設
昭和32年4月 小松市相生町10番地に移転新築
名称を「国民健康保険市立小松病院」に変更
診療科目10科、病床数120床(一般96、結核24)
昭和25年11月 小松市東町に「市立小松病院」を開設
診療科5科 病床数26床


このページのトップへ