このページでは、Javascriptを使用しています

糖尿病への取り組み


糖尿病とは


糖尿病とは血液中の糖分(血糖値)が高くなる病気です。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが不十分だったり、分泌が減ったりすることが原因です。糖尿病の大半は「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分けられます。「1型糖尿病」は自己免疫により膵臓からのインスリン分泌が低下するタイプで、若年で痩せ型の人に発症するのが特徴ですが、近年は中高年や肥満体の方にも検査をすると「1型糖尿病」と診断されることがあります。全糖尿病の約5%を占めます。残りの95%を占める「2型糖尿病」は生活習慣病の一つで遺伝的な素因に加えて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどが原因となり、中高年で肥満体の方に多く発症します。糖尿病のほとんど(95%)の人は「2型糖尿病」で、中年で肥満型の人に多く発症します。遺伝的な素因に加えて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどが原因となり、中高年で肥満体の方に多く発症します。
現在日本では糖尿病患者は900万人以上と言われ、増加傾向にあります。糖尿病は自覚症状がほとんどありませんが、重症になると体重減少、のどの渇き(口渇)、頻尿・多尿などの症状が出ます。無症状だからと適切な治療を行わないと、失明や腎不全、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症を引き起こすこととなります。治療としては食事療法、運動療法を基本とし、内服薬やインスリン注射などの薬物治療を必要に応じて行います。


当院での糖尿病診療

当院での糖尿病診療は外来および入院だけでなく看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師などがチームを組み、特に糖尿病療養指導士の資格を持つスタッフが中心となりそれぞれの専門を活かしながら行っています。
糖尿病は自覚症状がなく、食事制限や運動療法など継続するのが難しい面もありますが、血糖値が高い状態が続けば続くほど合併症(網膜症、腎症、神経症、動脈硬化など)が進行し、後戻りできなくなってしまいます。患者さんの生活状況を聞きながら、より良い血糖コントロール、合併症の予防を目指してサポートしていきたいと考えています。


糖尿病教育入院

食事療法や運動療法を実践し、場合によっては薬物療法を行います。合併症の状態や糖尿病の原因検索も行います。受動的に治療や検査を受けるだけでなく、糖尿病はどんな病気か、自分の体はどんな状態か学習もしていただきます。

糖尿病教育入院1週間用 [PDFファイル 830KB]

糖尿病教育入院2週間用 [PDFファイル 588KB]


試食会

日時:毎月第1〜3水曜日 12:00〜13:00
会場:南館4階 カンファレンスルーム1

糖尿病教室

糖尿病について医師、管理栄養士、看護師、理学療法士、歯科衛生士、臨床検査技師がそれぞれの専門分野の話をわかりやすくおこなっています。外来、入院の方どなたでも自由に参加出来ます。ぜひ、糖尿病予防のためご参加下さい。

時間:10時30分から1時間程度
会場:本館2階会議室
開催日・内容:下記PDFファイルをご確認ください。

糖尿病教室開催日・内容 [PDFファイル 115KB]

  • 外来の方はぜひ試食会にご参加ください。なお、試食会は予約制です。
  • 1週間前までのキャンセルは返金します。
  • 参加も申し込み予約が必要です。内科外来にご相談ください。
  • 小松市民病院の患者さんだけでなく、お近くの医院さんからの患者さんも糖尿病教室への受け入れをしています
  • 申し込み方法:地域の医療機関より所定の用紙で小松市民病院つながるサポートセンターへFAXでお申し込みください。予約がとれましたら地域の医療機関へ連絡します。
  • 費用:医療保険に基づいて徴収します。尚、試食会費は600円必要です。

外来での療養相談

療養指導とは、糖尿病で療養中の外来患者さんに療養での困ったことや疑問点をお聞きしたり、血糖コントロールを改善できるように具体的に生活上の問題を一緒に考えたりします。その他、足の壊疽を予防するためにフットケアの方法や透析を予防するための指導も行います。療養指導は患者さんが糖尿病とともに人生を歩んでいけるように寄り添う場となっています。医師の指示のもと毎週水曜日、金曜日の午前、木曜日の午前・午後に予約制で行っています。


当院での診療を支えるもの


糖尿病委員会

当院では、糖尿病患者さんに対する治療と支援の一環として、糖尿病委員会が存在しています。小松市民の健康増進を図るため、小松市および小松市医師会と連携して糖尿病の予防から教育・治療までを総合的に推進するために設置されました。活動内容は院内勉強会の企画や糖尿病教室の見直し、糖尿病患者会の支援など多岐にわたります。これらの活動は、すべて患者さんに糖尿病に対する正しい知識や治療法を学んでもらい、糖尿病とうまく付き合っていってもらうことを目的としています。


日本糖尿病療養指導士

日本糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator Japan;CDEJ)とは、糖尿病とその療養指導全般に関する幅広い知識を持ち、医師ともに患者さんの生活を理解し、適切な自己管理が行えるように指導できる医療スタッフ(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士など)のことです。この資格をもつ医療スタッフは糖尿病の生活指導のエキスパートです。
当院にはこの資格を持つスタッフが24名(2016年現在)おり、医師と協力しながら糖尿病患者さんの健康と自己管理のお手伝いをしています。主な活動は療養指導です。当院での日本糖尿病療養指導士は名札にCDEマーク(ニコちゃんマーク)をつけています。院内でこのマークをつけたスタッフを見つけたら、お気軽にご相談ください。


糖尿病患者会 小松ひまわり会

当院には、糖尿病患者さんと医療スタッフで作る友の会「小松ひまわり会」があります。現在会員数は46人で、糖尿病委員会のスタッフがサポートしています。活動内容として、総会を兼ねた食事会、木場潟や末広緑地での歩こう会に加えて、能美市の寺井病院や辰口芳珠病院と持ち回りで毎年11月に開催している、糖尿病月間行事など年に数回のイベントを行っています。糖尿病という同じ病気を持つ仲間と情報交換をしたり、療養の苦労を共有したりする場となっています。
年会費2,400円で日本糖尿病協会が発行する月刊誌「さかえ」(定価540円)を無料で配布しています。「さかえ」は糖尿病の最新知識と患者さんの体験記などが掲載され、療養に役立つ内容となっています。
近年メンバーの高齢化が進み、イベントへの参加が減ってきています。新しい仲間の入会をお待ちしています。



このページのトップへ