このページでは、Javascriptを使用しています

看護師特定行為研修

小松市民病院では、平成29年8月に指定研修機関となり、10月より研修を開始しました。医師の判断を待たず、手順書により、一定の診療補助(特定行為)を実施できる看護師を養成する制度です。2020年度4月より新しい区分として「創傷管理関連」を増やし、急性期から在宅まで高度な実践力を発揮する看護師の育成に取り組みます。

当院における特定行為研修区分

・栄養および水分に係る薬剤投与関連

・血糖コントロールに係る薬剤投与関連

・創傷管理関連

研修期間(第4期生)

2021年4月1日〜2022年3月31日(12ヶ月)

受講を希望される方へ

下記募集要項をダウンロードし、必要事項を記入の上、必要書類を提出してください。

募集要項[PDFファイル]

募集要項[WORDファイル]

募集期間(※第4期生の募集は終了しました)

2021年1月13日(水)〜2020年2月12日(金)まで

開講式・修了式(2021年4月1日)

第3期生修了式
第4期生開講式

当院の特定看護師の紹介

特定行為看護師

お問い合わせ

国民健康保険小松市民病院管理局総務課 特定行為研修担当

TEL:0761-22-7111(代)
FAX:0761-21-7155


このページのトップへ