国民健康保険 小松市民病院

交通・アクセス

お問い合わせ

サイトマップ

小さく標準大きく
小松市民病院HPへ
研修/教育について
  • HOME
  • 研修/教育について

新人看護師の教育理念

基本的な知識・技術を身につけ、安全で心温まる看護がご提供できる看護師を育成します。

教育方針

医療は高度化、複雑化の一途をたどっています。
新人が学んできた基礎教育のみでは技術面、知識面で不足しています。
そこで、卒後の教育サポートが重要になってきます。

当院看護部では、段階的に育っていくことのできるクリニカルラダーを導入し、
新人看護師指導体制(事項参照)のもと看護師の育成に力を入れております。

教育目標

新人看護師支援体制

新人看護師を育てる

新人看護師職員教育責任者がいます。

施設及び看護部門の教育理念に基づき、看護部門の長の責任の下で新人看護職員研修に関する企画、運営、実施、評価の全ての過程における責任者です。
平成29年度より、看護教育推進室(前技術開発室)を開設しました。新人教育担当の専従の看護師長を配属し、新人看護師の看護技術の習得支援をしたり、リアリティショックを克服し職場に適応できるよう支援をします。

新人看護師職員教育研修指導体制があります。

施設及び看護部の教育理念に基づいて組織された、新人看護職員の基本的な看護実践能力の育成を目的とする人的な仕組みです。
新人にはプリセプターがつき、屋根瓦方式で、皆で支え育てて行く体制になっています。

教育担当者がいます。

看護部門の新人看護職員の教育方針に基づき、各部署で実施される新人看護職員研修の企画、運営、を中心となって行う者であり、実施指導者への助言及び指導、また新人看護職員へ指導、評価を行います。

実地指導者がいつも新人看護師を見守っています。

臨床のOJTの中で、新人看護職員を直接指導、評価を行います。
新人看護師のメンタルサポートも行っています。

新人看護師のメンタルサポート
リアリティショックを克服し、職場に適応できるようにプリセプターや教育担当者、部署の管理者、研修責任者も支援します。
また院内にうつ看護の認定看護師や臨床心理士もいますので秘密厳守で気軽に相談できます。 新人研修の中に、新人同士不安や悩みを語り合うフォローアップ研修も盛り込んでいます。

新人および先輩看護師の声はこちらをご覧ください。

地域の医療機関に公開研修を行っています。

このページのトップへ