このページでは、Javascriptを使用しています

呼吸器内科


研修項目


  1. 呼吸器内科入院患者の担当医となり、病棟業務に参加し、呼吸器疾患の診療に従事するための基本的な考察および手技を修得する。
  2. 呼吸器内科外来業務を分担し、診療ならびに検査の補助を行うことで、基本的な考察および技術を習得する。
  3. 気管支内視鏡検査、呼吸機能検査の実施ならびに判読に関する基本的手技を習得する。
  4. 胸腔穿刺、持続胸腔ドレナージ、胸膜生検などの基本的手技を習得する。
  5. 進行期肺癌患者の集学的治療に関しての基本的知識の習得および実践を行う。
  6. 稀な呼吸器疾患に関する学会報告および論文報告。

目標


研修終了時に基本的な考察ならびに技能を一人で実践できることを目標とする。


スタッフ紹介

  • 米田 太郎(内科医長)
  • 加瀬 一政(内科医師)

このページのトップへ