平成27年度 小松市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 511 200 142 222 356 520 1,292 1,670 1,088 270
当院は南加賀地区の中核病院として様々な年代の患者を受け入れています。特に60歳代~80歳代が多く60歳以上の患者が全体の約70%を占めています。また、周産期医療、小児医療の体制も充実しており10歳未満の患者も多いです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等なし1,2あり手術・処置等2なし 223 3.12 4.87 0.4% 69.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし手術・処置等1-1あり手術・処置等2なし副傷病なし 193 2.81 3.07 1.0% 68.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎手術なし手術・処置等2なし 167 14.23 14.34 4.7% 74.6
急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療を含めた、心臓(冠動脈)に対するカテーテル治療・検査を、他の病院・診療所と連携しながら多く行っています。次いで、多いのは死因第3位でもある肺炎による緊急入院です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎手術・処置等2なし 121 4.63 5.72 0.0% 1.9
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎手術・処置等2なし 48 3.70 5.50 0.0% 4.4
150040xxxxx0xx 熱性けいれん手術・処置等2なし 36 3.38 3.97 0.0% 1.6
肺炎などの感染症が最も多く、4日程度の入院治療を行っています。今後も、地域のかかりつけ医と連携し、入院を必要とする患者さんを受け入れられるよう体制を整えます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等副傷病なし 84 5.48 5.56 0.0% 32.5
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術あり手術・処置等2なし 58 16.34 13.03 0.0% 71.4
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 48 8.58 6.96 0.0% 62.3
虫垂炎や胆嚢結石症などの腹腔鏡下による手術を多数行っています。それ以外にもがん患者に対する手術(肺、胃、大腸、乳房など)も多く行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他手術あり手術・処置等2なし副傷病なし 26 9.69 10.02 0.0% 71.7
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 手術なし手術・処置等2なし副傷病なし(JCS10未満) 24 24.45 19.32 62.5% 73.2
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷手術なし手術・処置等2なし副傷病なし 21 6.85 7.52 19.0% 56
外科的治療が必要な頭部外傷や慢性硬膜下血腫の手術を多く行っています。
また、脳血管障害の患者さんは地域の医療機関と連携し、他院で継続治療(リハビリなど)を行う場合が多いため転院率は高いです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 40 39.10 28.70 50.0% 86
160760xx97xx0x 前腕の骨折手術あり副傷病なし 15 8.40 5.70 0.0% 54.4
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)手術なし副傷病なし 12 29.66 21.52 16.6% 80.2
高齢者に多くみられる大腿骨骨折の手術や交通外傷などの症例が多いです。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 45 8.33 8.97 0.0% 66.4
080011xx99xxxx 急性膿皮症手術なし 23 11.00 11.97 0.0% 66.7
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.64 - -
帯状疱疹や四肢の蜂巣炎の症例を多く治療しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む)鼻骨骨折整復術等手術・処置等1、2なし 26 3.50 5.86 0.0% 14.3
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等手術・処置等1なし 10 3.80 4.38 0.0% 30.1
020230xx97x0xx 眼瞼下垂手術あり手術・処置等2なし - - 3.54 - -
顔面骨折(鼻骨骨折)や皮膚腫瘍手術の症例を多く診療しています。また、外来で対応できる手術においては、外来でも行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)手術・処置等1なし 48 2.27 2.89 0.0% 58
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術手術・処置等1、2なし 35 6.05 7.59 0.0% 71.2
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 23 10.86 12.60 0.0% 64.4
尿管結石や膀胱がんの手術症例も多く、手術は侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320XX97XXXX 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり  - - 3.43 - -
020370XX99XXXX 視神経の疾患 手術なし - - 11.74 - -
020250XX97XXXX 結膜の障害 手術あり - - 3.20 - -
眼科の主な入院である白内障手術の入院は、情報の公表において集計の対象外となっているため、データは記載されていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害手術なし 70 6.57 5.31 0.0% 62
030428xxxxxxxx 突発性難聴 30 12.30 9.60 0.0% 56.7
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 23 5.39 5.53 0.0% 36.5
めまいや突発性難聴、扁桃周囲膿瘍など急性の症状に対する診療を多く行っています。
また、慢性扁桃炎や慢性副鼻腔炎の手術も多く行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍子宮全摘術等 24 10.37 10.18 0.0% 44.8
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 16 12.00 9.53 0.0% 69.7
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍子宮悪性腫瘍手術等手術・処置等2なし 14 13.78 13.97 0.0% 62
婦人科疾患の治療を多く取り扱っており、子宮や卵巣の良性・悪性疾患の手術を多く行っています。また、合併症を有する妊婦に対する分娩や帝王切開による分娩も多数受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 71 - 13 26 - 27 UICC TNM分類 7版
大腸癌 20 17 38 30 - 50 UICC TNM分類 7版
乳癌 20 42 27 - 0 19 UICC TNM分類 7版
肺癌 44 20 22 65 52 146 UICC TNM分類 7版
肝癌 - - - - - 32 UICC TNM分類 7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、肺がんの患者数が多く、次いで大腸がん、胃がんの患者となっています。
当院は、がん診療拠点病院として、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療などを患者さんに合わせた治療を選択し、総合的な医療を提供しています。また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされた患者さんの苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 7.8 51
重症度 1 60 18.6 78.2
重症度 2 55 19 80.4
重症度 3 15 32 85.6
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 0 - -
肺炎は年齢などいくつかの指標で軽症から超重症の4段階に分けられ、原則中等度以上が入院の対象です。高齢者では、重症でありながら症状がはっきりしないことが多いです。迅速な診断と適切な抗菌薬治療が重要です。
※この集計での市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
※重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
1.男性≧70歳、女性≧75歳 2.BUN≧21または脱水 3.酸素飽和度≦90%
4.意識障害(肺炎に由来する) 5.sBP≦90mmHG

  軽症:上記5ついづれも満たさない 中等症:上記1つまたは2つを有する
  重症:上記3つを有する  超重症:上記4つまたは5つを有する
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 16 5.5 74.2 18.7%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 114 25.9 76.2 45.6%
その他 10 23 73.8 50.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 0 - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 0 - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
当院では、超急性期血栓溶解療法(tPA静注療法)には24時間365日対応しています。主に発症から3日以内の急性期脳梗塞の診断、治療を担う急性期病院として迅速に治療を開始することで、早期離床につながり、早期にリハビリテーションを開始することができます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 215 2.1 2.2 1.3% 70.1
K654 内視鏡的消化管止血術 41 1.5 11.2 2.4% 73.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 40 2.2 14.4 2.5% 79
急性心筋梗塞または症状が安定している狭心症に対してステントという金属を血管に入れる治療を多く行っています。
次いで、胃腸からの出血を止めたり、胆汁のとおり道である胆道にステントを入れる内視鏡手術が多いです。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 15 0.1 1 13.3% 1.7
腸重積患者に対する腸重積症整復術を行っています。
※平成27年度において他の手術の実績なし
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 86 1.6 6.9 0.0% 63.6
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 82 1.4 5.2 0.0% 68.7
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 65 0.1 4 0.0% 27.1
腹腔鏡下による胆嚢摘出やヘルニア手術、虫垂切除術を多く行っており、在院日数は7日以内です。
その他に悪性腫瘍(肺、胃、大腸、乳房)などの手術も多く行っています。
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 27 5.1 11.7 14.8% 75.5
K1781 脳血管内手術(1箇所) 12 1.9 48.5 83.3% 70.1
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
慢性硬膜下血腫の治療には外科的手術が推奨されており、当院でも多数行っています。
また、クモ膜下出血に対する血管内治療も多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 39 5.8 31.8 43.5% 78.8
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 24 2.5 15.1 8.3% 52.4
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 7.3 32.1 42.8% 83.2
高齢者に多い大腿骨骨折や外傷による骨折手術を多数行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 25 1.2 1 0.0% 14.4
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 - - - - -
鼻骨骨折に対する整復術を多く行っています。
また、眼瞼下垂や皮膚腫瘍切除術も行っています。外来で対応できる症例は外来手術室で行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 56 1.9 2.4 3.5% 59.5
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 34 0 5 0.0% 71
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術(1歳以上の場合) - - - - -
尿管結石に対する結石破砕術が最も多く、通常は1泊2日の入院で破砕室にてレントゲンで結石を確認しながら衝撃波をあてて破砕する(麻酔は不要)手術です。次いで膀胱腫瘍に対し尿道から内視鏡を挿入し腫瘍を切除する手術が多く行われています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 330 0 1.7 0.0% 75
K214 霰粒腫摘出術 - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
白内障の手術を多数行っています。
手術は超音波によって水晶体を細かく破砕(乳化)して吸引する「超音波乳化吸引手術」を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 0.8 5 0.0% 57.3
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)(片側) 16 1.8 7.1 0.0% 21.2
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 13 1.2 4.4 0.0% 51.7
慢性副鼻腔炎に対する内視鏡的手術や慢性扁桃腺炎、声帯ポリープに対して行う手術も多く行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 43 1.1 9.2 2.3% 49.8
K802-21 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの) 12 1 10.4 0.0% 71.5
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 12 0 1 0.0% 49.8
子宮や卵巣の良性・悪性疾患の手術を多く行っています。また、性器脱に対する手術も多く行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.36%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.22%
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病名)の同一性の有無を区分して対象患者数と発症率を示したものです。
※発生率は、退院患者総数(6,271名)のうち該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。

【播種性血管内凝固症候群とは】
本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。入院後に発症している場合が多く、感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響していることが多いと考えられます。

【敗血症とは】
病原体が全身へ波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。高齢の患者さんが肺炎や腎盂腎炎などの感染症を重篤化し発症する症例が多いです。また、術後や悪性腫瘍で化学療法によって免疫力が低下して合併する場合もあります。治療には、人工呼吸管理、持続緩徐式血液濾過、吸着式血液浄化法などの集中治療を必要とすることがあり、DPCでは高額な点数が設定されています。

【真菌症とは】
真菌(カビ)が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。

【手術・処置などの合併症とは】
手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられますが、合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。当院では、ペースメーカーの電池交換や透析シャント狭窄による手術のための入院が多いです。

更新履歴